ルマン ブガッティサーキット

2008.08.08

初期の頃のNSX Pressで紹介されたスイスのオーナーたち。この頃のNSX Pressでは、海外にも多くのNSXの熱烈なファンがいることを連載していました。おぼろげながら20周年の2010年にNSX誕生の地の日本で世界中のNSXを愛する者が集い、一緒にお祝いできらどんなに素晴らしいだろうと思っていました。既にアメリカのオーナーたちとはコンタクトできていましたが、ヨーロッパのオーナーとのコンタクトはほとんどありませんでした。本当なら、前の年に上原さんとともに 訪問して、20周年のお祝いに日本に来ませんか?とのお誘いをする予定が 中止になったので、思い立ったのです。クラブからは辻さん、小林勝さんと ご一緒しました。

岡本さんはアメリカのNSXPOの参加経験があるのでおわかりと思いますが、 同じ感覚の「一参加者」の立場で行きました。ただ、一年前にお礼に行く予定がキャンセルとなり、ヨーロッパ行きが果たせなかった上原さんに 「ご一緒しませんか?」とお誘いしたことと、取材班が同行したところは違いますが。アメリカのメンバーにも同様に「行きませんか?」と誘ったことも事実です。

吉村さんのレポートでは「聞いていなかった」「突然来ていたので驚いた」などと書かれていますが、あれは間違いです。過去のメールがありますが、少なくともズッカー会長には伝えていて、認識されていました。

会場の用意ができて、室内に。パーティーの半ば頃に会場で、おみやげとして持参した、額入りの「赤のシルクスクリーン」(ズッカー会長の車は赤です)を差し上げました。私がお渡ししたので私は写真を持っていませんが、同行の誰かが持っているはずです。正直、バッジを貰った時、絵を持って来ていて良かったと思いました。上原さんは、NSXのコンロッドとサイドシルのオブジェを用意されていましたが、あまりに重いので別送することとなりました。写真だけを目録として渡されました。

(C)Copyright NSX CLUB of JAPAN. All rights reserved.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA