お手入れ

初期(1990年代)にクラブ員間で交わされた声を掲載しています。情報として古いものもあります。

「お手入れ」への4件のフィードバック

  1. 先々週の休日かなり暑かった日に神戸にドライブに行こうとしたら、エアコンからなま温かい風しか出てきません。これが噂の「どこからともなく、ナマ温かい風が攻撃」か!NSXのエアコントラブルと言えば、知人の全壊という重傷を思い出す。足回り全取り替え、車検をすませた今の私には逆さに振っても何も出ない状態。しかし、これからの季節エアコンなしではちょっとツライ。S-ZEROと思いこむしかないかと、ビビリながらベルノへ。結局クーラーガス漏れということでガス漏れ修理とガス充填で工賃込み14000円で済みました。でもガスひとつでエアコンの効きは全然違いますね。元気なガスのおかげで今度は効きすぎで寒いです。(S.N.、京都府)

  2. いつも使っているワックスではキズがとれないんです。私が使っているワックスはその名も『21世紀のワックス』という、名前からしてうさんくさいもの。その辺では売ってない代物です。使いきると取り寄せていますが いつも心配なのはその会社があるかな?ということです。キズはとれませんが 手間が省けます。そして深いというよりはヌメっとした輝き。リンスインシャンプーだけでは足りないテリを醸し出してくれます。使い方は簡単。洗車後の濡れたボディにスプレーして拭くだけです。ガラスにもゴム類にも大丈夫!あまりにも簡単すぎるため週に2回ほど洗車します。そのせいで小キズが多いです。(C.M.、大阪府)

  3. 「ジェイズスクラッチイレイザー」(品番145)、ノーコンパウンド、キズ消しポリマー樹脂配合。用途は、ボディーの小キズとり。特長は、洗車機等によるボディーの小キズや、車のドア回りの小キズ等がきれいに消えてツヤが出ます。製造発売元は、PROSTAFF TAKEHARA。イエローハット販売価格、80mlで980円(税別)と割りに高いのですが、NSXの屋根、リアーバンパーのデッキ部分等を試した結果、十分に納得出来る結果でした。(T.N.、三重県)

  4. ZymolのNSX専用WAXを使用しております。実は、日本では市販されておらず、輸入品となる為、価格は何と30,000円です。カルナバ含有量は市販品の約10倍、100%天然植物性オイルでNSXの水性塗装を研究し、専用に調整してあるWAXです。試してみたのですが恐ろしいほどに艶がでます(事実、カーショー用WAXとしても重宝されております)。意外と耐久性もあり、半年ほどは持つようです。私はすっかり愛用状態ですが、おかげで給油時に何を使ったらこれほど艶がでるのか、よく聞かれております。(H.K.、千葉県、2000.6.)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA