1995年ル・マン24時間レース観戦記

GT2クラス優勝、関谷選手日本人初の総合優勝



GT1に挑戦
我らがNSX初参戦の昨年に引き続き、今年もル・マンへ行って参りました。今年からは本来のGTカー・レースということで関心も高まり、話題のマクラーレンF1や日本からも多数のエントリーとなりました。NSXはGT1クラスに3台、GT2クラスでは2台のエントリーとなりましたが、残念ながら、4月30日の予備予選を義務付けられた車両の2台がトラブルを生じ、結局決勝にはGT1ではエンジンを縦置きとしたターボ車とNAそれぞれ1台とGT2の1台、計3台が出場となりました。

ル・マン入りの翌日は早速車検です。前日にも数台が受けていますが、メインは13日です。前日に配布された資料にスケジュールが書かれていますので、お目当ての車の時間にあわせてホテルから歩いてジャコバン広場へ。ここでは実際に車検を行うところは柵がしてあり中には関係者やプレスしか入れませんが、車両をトランスポーターから降ろし、その柵の中まで押して行く間に、車に触れるまでのすぐ近くまで行けるので、車好きにはたまりません。今年のNSXの赤は、昨年の赤よりはるかにきれいです。また、トレッドを広げたことによるオーバーフェンダーの処理が見事で、なかなか迫力のある魅力的な車に仕上がっていました。車検時のホイールは18インチ金色でした。

翌14日と15日は予選です。それぞれ19時から21時までと22時から0時30分まで、19時から21時までと22時から24時までの2回行われます。当地のこの時期は本当に陽がながく、サマータイムとはいえ2回目が始まるころまで十分明るいのには驚きます。GT1の車両は様々なトラブルを抱えており、最終的にはターボ車が30番、NA車が46番手に甘んじることとなりました。こうした中、チーム国光のGT2クラスNSXは38番手(クラス3位)のタイムを出し、予備予選での好調ぶりがここでもうかがえます。

16日は行事はほとんどありません。ただ、夕方6時から市内の中心地リパブリック広場周辺でドライバー達がクラシックカーに乗ってパレードをします。

スタート
17日、いよいよ決勝スタートの日です。スタートは午後4時ですが、朝からサーキット内では様々なイベントが催されます。時間はどんどん経過し、いよいよ各車がピットを出てコースを1周し、所定の位置に付きます。なんと、ここでチーム国光NSXがピットイン。心配なピットスタート。コース上では各車最後の調整。3時50分頃でしょうか、ペースカーに先導されて全車がグリッドを離れます。一周13.6Kmを走り、最終コーナーにペースカーが再度現れるのを観客達は今か今かと首を長くして待ちます。来ました。そしてペースカーはピットロードへ。フランス国旗が振られます。ものすごい歓声。レースのスタートです。長いレースですから意味がありませんが、オープニングラップを飾ったのはLMP2クラスのプジョー、NSXは17番手くらいでした。。今年は昨年とうってかわって、ずっと曇り空で寒く、レース中何度もシトシト小雨が降る肌寒い24時間でした。当初の予想ではWSCクラスが優勝候補でしたが、この天候のせいでトップ争いは混沌としてきました。GT1NSXのターボ車はスタート後30分頃にクラッチトラブルでリタイア、NA車もポル シェ・コーナーでのクラッシュで修復に時間がかかるなどで大きく後退しました。

GT2、クラス優勝
日曜日の午後になってトップ争いは2台のマクラーレンと地元の盛大な声援をうけ、マリオ・アンドレッティのドライブで話題のクラージュに絞られました。もう一つの関心はGT2クラスのトップ争いで、こちらは昨年も速かったキャラウェイ・コルベットとチーム国光のNSXです。最後のピットインを終えコースへ復帰、何とか最後までポジションをキープしてくれ・・・。そして、午後4時のゴール。関谷選手、日本人初の総合優勝。おめでとう、やりましたね。そして、我らがNSXも参戦2年目にしてチーム国光がGT2クラスで優勝。この他にも日本勢は大活躍でした。このような内容の年に観戦できて、とてもうれしく思っています。 今年の私の印象をまとめると、1.マクラーレンF1GTRはやっぱり速かった、2.雨が大きく成績に影響した、3.ポルシェの影が薄くなった、といったところです。調子のいいマクラーレンの音をストレートエンドで聞いていると、フェラーリの音を一層高く、大きく、強くしたような感じで「フアーーンッ」「フアーーンッ」「フアーーンッ」「フアーーンッ」とそれはそれはすばらしいものでした。雨で寒くて、本命とされていたWSCは苦戦し、一方でスピードを押さえざるを得ず、そのことが駆動系への負担を軽くした結果の勝利とはいえ、あの速さはすごいものでした。マクラーレンに対抗できる車が出て来ることは考えにくく、来年ACOは何らかの規制を加えざるを得ないのではとさえ、この時点で言う人もいました。ポルシェはエンジンで数えると12台、4分の1の出場となったわけですが、マクラーレンの活躍が目立ち、またNSXのGT2での優勝もあって、昨年と比較すると明らかに目立たない存在となってしまったようです。来年はいかなる戦いになるのか興味も深まるばかりです。ル・マンという街は田舎でとてもきれいなところです。レースが 行われる頃はベストシーズンだと思います。車に関心のない女性や子供でも、パリ1泊をはさむなどして十分に楽しめます。皆さんもぜひ検討されてはいかがでしょう。NSXの総合優勝をご自分の目で見る日も遠くないかもしれません。

big photos


| コラム | イベント | リンク |

トップページに戻る

ル・マンのページに戻る 1994年 1996年 1997年


このページへのメールはこちらへ

(C)Copyright 1998-2011 NSX CLUB OF JAPAN. All rights reserved, 無断転載を禁止します