NSX Fiesta 2006

鈴鹿サーキット

富吉啓文


今年のNSXフィエスタは例年と異なり、理由はわかりませんが(日)(月)の開催となりました。私の記憶では、過去にGTレース観戦を組み込んだ年がそうだったと思いますが、変則ですね。ただ、関東方面からの参加者にとってはどこかで前日泊することで、鈴鹿には無理せずに行けました。また、近い関西のオーナーには日曜日の午前から走行できるプログラムが用意されていたりで良かったのかも。例年と変わらない台数、参加者数だった(227台、339名)ことが裏付けているかも。ただ、今年顔を見かけなかったクラブ員が多かったもの事実でした。

毎年海外からのゲストを受け入れていますが、今年は5名。うち2人はリピーターで、そのひとりは父親を連れての参加でした。フィエスタがそんな風に評価されていることは嬉しい限りです。ということで、彼らは到着日・空港がマチマチであったため、前日に大阪のホテルに集合としていました(あとで思えば、名古屋で良かったのですが)。連絡が不十分だったせいで、朝の出発が遅れましたが、何とか受付時刻には間にあい、鈴鹿に到着。

天気は最高。昨年同様、グランドスタンド裏に駐車し、受付。記念品などを受け取りVIPスイートへ。その後、グランドスタンドに降りて、開会式。ちょっと少ないかなぁ〜、って感じ。主催者側の発表では、227台、339名の参加ということで、例年と遜色のない数。講師などの紹介、注意事項などを聞いたのちは、再度階上に戻り昼食。豪華な入れ物の弁当。

既に午前中に走り終えた参加者もいて、午後からの走行もあまり混雑したり、バタバタする感じはありませんでした。午前中はコースアウトする車両もなくスムーズにプログラムは進んでいるとのことでした。ピット内でブリーフィングを終えたのち、各自コースインしていきます。初日の29日は東コースを利用するメニューが中心です。交通教育センターでは毎年参加者が増えているジムカーナが行われています。走行以外ではピット内に2006GTを戦うレーシングNSX(プロト)とツーシーター・フォーミュラが展示されています。これには明日、オプションで運良く申し込みができた数少ない参加者の同乗走行に使われます。